求人情報サイトのデメリット

工場内の職場環境や実際の仕事内容まで把握しにくい

求人情報サイトを使った工場の仕事探しは、空いた時間を有効に使えることや、複数の工場の求人をまとめてチェックできるといったメリットがあります。ただし、工場内の職場環境や実際の仕事内容が分かりにくいことが多く、サイト上に掲載された情報だけを頼りにした場合に、入社後にミスマッチを感じてしまうケースもあります。そこで、求人情報サイトの利用を考えている時には、多くの企業の中でも工場内の写真や動画を公開しているところや、現場のスタッフの感想を掲載しているところを選ぶのもおすすめです。また、サイトで気になる会社を見つけた時は、求職中に評判が良い工場の見学をしたり、採用説明会や面接会などのイベントに足を運んだりすることも大切です。

有名な企業の求人は応募者が殺到してなかなか内定が出ないことも

求人情報サイトに掲載された大手メーカーの求人は、給料や休日日数、勤務シフト、福利厚生など色々な面で魅力的なものが多くあります。一方で、一つの企業の求人に応募者が殺到してしまい、内定が出るまでに想定以上に時間が掛かることもあるため注意が必要です。こうした問題に対処をするには、ネームバリューのある企業の求人ばかりでなく、身近なところにある優良な中小企業の求人に目を向けるのもおすすめです。また、複数のサイトを併用したり、人材紹介会社やエージェントなど民間の企業にサポートをお願いしたりする方法もあります。その他、機会があれば実際に求人情報サイトから求人に応募をして無事に内定を獲得した人に相談をするのも良いでしょう。