派遣会社のデメリット

景気の影響を受けやすく雇用の安定性が低い

派遣会社を通して工場で働く場合には仕事を探すという手間を大幅に省くことが出来るため、今では多くの人が派遣会社を利用しています。しかし、メリットが多い一方でデメリットもあることを理解しておく必要もあります。デメリットとしては業績が悪化して会社がコストカットを検討した場合、真っ先に対象になるのが派遣社員となることが多いということです。工場そのものが景気の影響を受けやすい業種であり、派遣社員として働く場合には知っておくことが大切です。これは特に中小企業の方がより顕著であり、普通に正社員として働くよりもずっと雇用の安定性が低くなってしまいます。そのため、登録する派遣会社は出来るだけ多くの案件を持つ会社を選ぶようにしましょう。

給与が時給制で収入が安定しない

正社員としてではなく派遣社員として工場で働くという選択をした場合、気軽に働ける一方で思わぬデメリットに直面する場合もあります。そんなデメリットの一つとして給与が安定しないということがあります。正社員と違って派遣社員として働く場合には給与は時給制となるため、働いた日数しか給与が貰えないことになります。そのため、工場の都合で仕事が少ない月には必然的に給与も少なくなってしまうのです。予定していた通りに給与が貰えない可能性もあるため、ライフスタイルによっては不都合が生じる恐れもあるのです。また、正社員と違って有給も制限されたりする場合もあるため、突然のトラブルなどに対処しにくいという点もデメリットとして挙げられます。